自動車の車体の前後に装着されているバンパーは、走行中の衝突の際に衝撃を吸収して人員を守るという大切な役目を持っています。そのため、衝突をした時には、真っ先にバンパーに損傷が生じてしまいます。傷や凹みが出来てしまったバンパーは、そのままにしておいても走行に支障をきたすことはほとんどありませんが、いつまでも傷がついたままではみっともないものです。少しの擦り傷であったとしても、オーナーにとっては気になるものですし、できるだけ早くに修理をしてしまいたいものです。しかし、小さな擦り傷でも、ディーラーや修理工場で修理をしてもらうと予想以上の金額がかかってしまいますし、修理を頼んでいる数日間は車が使用できなくなってしまいます。そこで、小さな擦り傷程度ならDIYで直してしまうというのも一つの手段です。

小さな傷なら比較的簡単に直せます

車のバンパー修理やボディの板金修理は、素人には出来ないと考える人も少なくありません。確かにひどい損傷や大きな傷、凹みなどを直すのは容易なことではありませんが、比較的小さな傷などの場合には、自力でも十分に対処が可能です。バンパー部分に出来てしまった擦り傷は、殆どの場合表面の塗装が剥がれているに留まっているので、補修用の塗料を上塗りするだけでほとんど目立たなくすることができます。補修用の塗料はホームセンターやカー用品店などで安価に手に入れる事ができますし、修理にかかる時間もそれほどかかりません。自分でこうしたバンパー修理をしてしまえば、修理にかかる費用も節約する事ができますし、いちいち修理工場やディーラーに車を預ける必要も無いので車が使えずに困ってしまうという心配もありません。

手間をかければより綺麗に修理できます

バンパーの擦り傷をとりあえず応急処置で済ませるのであれば、上から塗料を塗るだけでも十分ですが、元通り綺麗な状態に戻すのであれば、少し手間をかけて修理をするのがおすすめです。小さな擦り傷といっても、バンパーの樹脂部分がえぐれてしまっている事もあるので、そうした傷をパテで埋めることで元通りの平滑な面を作る事ができます。市販されているパテを傷に盛り付けて、乾燥後にサンドペーパーなどで均すことでより綺麗に仕上げることができます。剥がれた塗料を塗り直す時も、スプレータイプの補修塗料を使うことでムラの無い美しい塗装に仕上げることができます。その際には一度に厚塗りせずに、薄く何度も塗り重ねる事が上手く仕上げるコツです。塗装をしたままでも良いですが、クリアーと呼ばれる透明な塗料でコーティングすることで、より耐久性のある補修をすることができます。

バンパーの小さな傷が気になる方、初めての方に限りおおよそ20センチの傷なら1箇所999円で修理致します。 一目瞭然の料金体系!車体の色の違いによる割増料金は一切ありません。 激安価格で自動車修理をしています、自慢の料金表を見てください、土日も営業していて夜10時までやっています。 ターゲット層は、車の傷の修理を格安で行いたい方や、車の板金塗装など早く安く見積もりして貰いたい方です。 激安バンパー修理は【池内自動車】におまかせを