車の車体の前後に取り付けられているバンパーは、衝撃から車体や乗員を守る上で非常に重要なパーツになります。そのため、車が何かに衝突や接触した時には、まずバンパーに損傷が起こってしまいます。破損してしまったバンパーは、軽微な損傷であればそのままにしておいても車を使えなくなることはありませんが、ひどい損傷になるとパーツが割れて外れてしまうなどの危険を生じる事もあります。ひどい損傷でなくても、擦り傷がついて塗料が剥がれてしまったバンパーは見苦しいものですし、出来るなら早めに修理してしまいたいものです。しかし、修理工場などに頼むのは費用が気になるという時には自分で補修してしまうというのも悪くありません。バンパー修理は一見難しそうに思えますが、手順をきちんと踏まえれば初心者でも比較的簡単に行なうことが出来ます。

初心者がバンパー修理をする時に用意するもの

運転のミスや飛び石などで傷がついてしまったバンパーを自分で修理するという時には、まず修理に必要となる道具や補修材を用意する必要があります。補修材や道具と言っても、特殊なものを用意する必要はなく、ホームセンターなどで手に入る物で十分です。他にも製品によっては100円ショップなどで安価に手に入れられる物もあるので、上手く探せば修理にかかる費用を大幅に節約することができます。用意しなければならない補修材は、傷の程度によっても違ってきますので、特に大きな傷や深い凹みなどを修理する時には、対応できる製品を選ばなければなりません。例えば小さな傷に対応する補修材で大きな傷を直そうとしても、中々傷を埋められないだけでなく仕上がりも綺麗にいかないので注意が必要です。

初心者はじっくりと時間をかけて作業するのがおすすめです

バンパーの修理は、それほど難しい作業ではありませんが、作業を雑にしてしまったり、焦っていい加減な作業をしてしまうと仕上がりも汚くなりますし、結局やり直しになるという事もあります。特にパテを使って傷を埋める時や、サンドペーパーを使ってパテ埋めした面を均す時には、パテが十分に硬化してから行わないと表面が汚くなってしまいます。表面が汚いままで塗装をすると、さらに仕上がりが悪くなるので、じっくりと確実に各作業を終わらせていくことが大切です。塗装をする時、慣れていない人は一度に塗料を厚く塗ってしまいがちですが、厚塗すると乾燥にも時間がかかりますし、ムラなども出やすくなります。一度で仕上げようとせずに、薄く何度も塗り重ねる事で平滑な塗膜に仕上げることが出来ます。